激KAZAAAN!! (激カザーン!!) 攻略

激KAZAAAN!!

癖の良いサテライトを見つけて速度の変化のタイミングを見極めましょう。

激KAZAAANは、メダルが増えなくなるまで増えるゲームです。

技術を持つ人はゲームを有利に展開できるので、下手なプレイヤーが多い店舗ではメダルを増やすことが出来るかもしれません。

速度変化

抽選機は一定の間隔で回転速度が変化します。

速度が変わるタイミングを完全に予想することは出来ません。

最も遅い回転速度は、1段目の1マス辺り約「1.00秒」です。

最も速い回転速度は、1段目の1マス辺り約「0.65秒」です。

1段目のUP率は、見た目1/3ですが、実際は、UPの穴に段差があるため他の穴より入りにくくなっています。

参考写真2

回転が早いほど段差の影響力が大きくなりボールがはじかれるため、回転が遅いときに打つだけでUP率は、上昇します。

ヒョーザーンに比べると激カザーンは、なかなか回転速度が遅くならないので、最善のタイミングは少なく2分程度待たされることもしばしばあります。

イラッと来ても熱くならず冷静に、必ず回転が遅いときにボールを発射しましょう。

タイミング

抽選機の回転が遅いときを基準に、UPに入りやすいタイミングを探します。

すべてのステーションを対象に根気強く最良のタイミングを調べましょう。

角にボールがぶつかると軌道が変るので、単純に「何マス先で入ったか」では無く、ボールの軌道にも注目します。

参考写真1

ボールが遅れて発射される場合はタイミングが取れないのでサテライトを変更するか、日を改めて挑戦してください。


2段目の「×?」

2段目の「×?」の倍率は、各サテライト毎のメダル回収率に応じて変わります。

直前に大量払出があったサテライトは1倍、逆に最近当たってないサテライトは高倍率が出るといった具合です。

高倍率(7~10倍)が出るサテライトは、良い状態なので迷わずプレイしましょう。

低倍率(1倍)しか出ないサテライトでも、UPを狙えるサテライトはプレイしましょう。

1段目UP率47%を超えると「×?」が最低倍率でも期待値がプラスになります。

3段目のホールド

JPC(ジャックポットチャンス)に入りやすいホールドパターンについて。

ボールが1個以上ホールドされている場合は、抽選中のボールがホールドされているボールに接触して失速するため一個先の穴に高確率で入ります。

よってJPC左側の3倍のみがホールドされている状態がもっともJPCに入りやすいパターンとなります。

逆に入りにくいのは、JPC右側の3倍とJPC反対側の6倍がホールドされているパターンです。

JPCに入りにくいパターンでは3段目「×?」から高倍率が出る傾向にあります。

1段目UP率のボーダーライン

1段目UP率と期待値の関係を計算するスクリプトを作成しました。

3段目は1球もホールドされてないものとして計算します。

攻略にお役立て下さい(*´・ω・)b

まず、あなたの1段目UP率を入力して下さい。


次に、期待値計算に使用する「x?」の倍率を指定してください。

配当表
JPC上段 x100 x15 x30 x30 x15
JPC下段 UP x6 x12 UP x12 x6
3段目 UP x3 x6 x3
2段目 UP x1 x2 x1 UP x1
x2 x1 UP OUT x3 OUT

計算結果

計算結果を表示するには、JavaScriptを有効にしてください。
1段目UP率が「33%」の場合、メダル獲得期待値は「70.64%」です。